NICE FLIGHT!(ナイスフライト)原作は小説や漫画?撮影・ロケ地の空港はどこ?

2022年7月22日金曜日放送スタートの『NICE FLIGHT!』

優秀な管制官の渋谷真夢(しぶや まゆ)と副操縦士の倉田粋(くらた すい)の恋愛模様に胸キュン間違いなしです!

そんなラブストーリーの舞台である空港、そのロケ地…気になる撮影の裏側をチェックしていきたいと思います!

NICE FLIGHT!(ナイスフライト)原作は小説や漫画?

「ナイスフライト!」に原作はなく、完全なオリジナルストーリーです!

舞台は空港、30代の働くオトナのリアルなラブストーリーを描くこのドラマ作品を手掛けるのは脚本家は衛藤凛さん。

国土交通省航空局への取材を重ねて作成された脚本です!

脚本家:衛藤凛さん

衛藤凛(えとう りん)さんは恋愛ドラマを多く手掛けている脚本家です。

脚本の作風が宮藤官九郎さんに似ているということで「女クドカン」と呼ばれたりもしているそう。

というと、リアルを感じる世界観だったり、ギャグの見せ方が秀逸…といった感じでしょうか。

衛藤さんの手掛けた脚本は、漫画や小説が原作にある作品が多く、確かにクスッとなるポイントも多いですね!

過去の大ヒット作では、専門性の高い内容もありました。

細かな描写が丁寧だと、そのジャンルの経験がある人からも好評ですね!

ナイスフライトはオリジナル作品で、ストーリーはパイロットと管制官の職場恋愛…つまり航空関係…かなり専門性の高いドラマ作品と言えます!

日本航空全面協力のもと、パイロット、整備士など空港で働く人々のリアリティーを徹底追及。さらに、国土交通省航空局への取材を重ね、管制官のプロフェッショナルな姿もドラマに織り込まれていきます。

引用:『NICE FLIGHT!』公式サイト

しかも日本航空の全面協力のもと制作されているということです!

かなりのリアリティを期待できそうですね!

1話あらすじ

 副操縦士3年目の《ツイてるコーパイ》こと倉田粋(玉森裕太)は、機長の喜多見七海(吉瀬美智子)と羽田空港を目指して飛行中に”ハロ現象”を目撃する。”ハロ現象”とは天候悪化の前兆――—まもなく東京ターミナル管制所(通称:東京アプローチ)から羽田上空にマイクロバーストが発生していることが告げられる!

強烈な横風が吹く中、羽田空港に着陸することに…! 操縦桿を持つ粋び手にも力が入ったその時、無線から聞き覚えのある声が流れてくる。その声の主は、羽田空港管制塔の航空管制官・渋谷真夢(中村アン)。ここ最近になって羽田空港の管制でよく聞くようになっていた声で、粋も気になっていた人物だった。

 

真夢の冷静かつ的確な管制に助けられる粋。同じく空港管制官の夏目幸大(阿部亮平)やその訓練生の河原かすみ(玉城ティナ)らが見守る中、粋たちの機体は無事に着陸! 真夢にお礼を言おうとする粋だったが、その途中で無情にも無線を切られてしまう。

不愛想な対応に驚きながらも、まだ見ぬ声の主に会ってお礼を言いたいと考える粋。整備士で友人の酒木ジェームス(尾上右近)からは「管制官との交流会」を提案されるが、その矢先、そうとは知らずに粋と真夢は空港で最悪の出会い方をしてしまう。一方、チーフパーサーの飯塚理香子(黒川智花)は真夢と知り合いのようで…?

その頃、修学旅行に出発する中学生の団体から、1人の生徒がいなくなるという騒動が起きていた! 粋や地上スタッフの本谷光希(筧美和子)が探し回る中、機長の村井雄太郎(丸山智己)に見つけられた翔平。翔平の抱えていた思いを知った粋は、飛行機がどれだけ多くの人の手によって安全に飛行しているのかを語り聞かせる。

こうして無事、修学旅行先へと旅立っていった翔平。その復路便に乗ることになった粋だったが、またしても《ツイてるコーパイ》ぶりを発揮することとなり…⁉

引用:『NICE FLIGHT!(ナイスフライト!)』公式サイト

最悪の出会い方という部分が気になりますね…マイナスポイントからの恋愛!

NICE FLIGHT!(ナイスフライト)撮影・ロケ地の空港はどこ?

撮影・ロケ地

ロケ地の情報は公にされていませんが、多くのドラマ撮影に使われている建物や場所などの情報を元にチェックしていきたいと思います!

羽田空港

舞台は羽田空港で、管制塔もティザー動画にも映っていますね!

羽田空港第二ターミナル国際線エリアは現在も閉鎖中ですが、様々な作品でロケ地として使われているので、最も有力な撮影地です!

羽田空港管制塔

羽田空港には管制官の訓練施設があります。

訓練施設なのでシミュレーターがあるらしく、この場所はヒロインの管制官の仕事のシーンで使われていると思われます!

飛行機の位置をレーダーで確認しながら指示を出す場合に利用する「ターミナル・レーダー管制シミュレーター」や、実際に飛行機の動きなどを確認して指示を出す場合に利用する「飛行場管制シミュレーター」など、是非注目して見てみてください!

羽田空港整備場

JAL全面協力のドラマであり、そのJALの飛行機が格納されている場所でもあるので、ロケ地の候補として有力ですね!

主人公の友人である航空整備士もいますので、もしかしたらシーンも多いかも知れません。

羽田イノベーションシティ

羽田イノベーションシティもロケ地として他作品にも使われています。

イノベーションというだけあって、この施設はショッピングやグルメなどにとどまらず、オフィスや研究開発施設なども整備されているという近未来的な場所。

新型コロナウィルス感染が落ち着いた、少し先の未来のお話であるこのドラマでは、明るい未来を描く上で良い雰囲気を演出できる場所なのではないでしょうか?

テレコムセンタービル

テレコムセンタービルは21階建ての大きなビルで、真ん中の部分が大きく吹き抜けており、その高さなんと37メートル!

テレコムアリーナ(アトリウム)という場所なのですが、ここが空港の内装に似ているのだそう。

たくさんの人が行き交うシーンを空港で撮影するのは難しそうなので、この場所がロケ地になった可能性は高いです!

公式サイトにも、ドラマやCM撮影などに利用可能との記載があり、実際にこの場所で撮影された作品も多くあります。

京浜島つばさ公園

京浜島つばさ公園は滑走路のすぐ隣にある公園なので、飛行機が飛び立つ様子が近くで見られるスポットです。

そのため、今までも幾度も撮影に使われてきた場所です。

城南島海浜公園

京浜島つばさ公園よりは少し離れていますが、東京湾に面していて景色もよく、バーベキューやキャンプなどのアクティビティを楽しめるのだとか!

「ナイスフライト!」は恋愛ドラマなので、こういった場所でドキドキするシーンの撮影があるのかもしれません…!

NICE FLIGHT!(ナイスフライト)原作は小説や漫画?撮影・ロケ地の空港はどこ?まとめ

「ナイスフライト!」の原作、撮影・ロケ地についてのご紹介でした!

  • 脚本家・衛藤凛さんの書下ろしオリジナルストーリー
  • 有力なロケ地は羽田空港や、空港に内装が似ている撮影可能な建物

でした!

ドラマを見ながら、あのシーン、このシーンのロケ地を考えながら見るのも楽しそうです!

ご紹介した撮影・ロケ地の中で、訪れることができる場所、閉鎖されており今は入れない場所などありますが、もしロケ地巡りをする場合はルールやマナーを守ってお楽しみください!

 

注目秋ドラマ

大河ドラマ・朝ドラ

-2022年ドラマ
-, ,